• 遅漏は早漏よりも嫌われる?長ければ良い訳じゃない!

    セックスの時、どうしてもイクのが遅い。女性との性行為で普段のオナニーより数倍気持ち良いんだけど中々、射精に至らない。男性によりますが遅漏の経験をしておられる方も多いかと思います。

    私自身ある日、女性との性行為で射精をする事はできなかったのです。中々射精しなければ性行為の時間が増え、女性も気持ち良くなり「喜ばれるかもしれない」そう考えがちですが、実はそうでもなく長時間のSEXは女性自身疲れる、濡れないまま続けるという事にもなるので、非常に疲れてきます。

    そこで自身は遅漏との事がわかり、どうして?と知りあいに話したところ「オナニーが悪いんじゃない?」、「自身で気持ちいい部分を知ってるから」、たしかにオナニーの回数が多い、私は気持ち良さだけを求めてました。

    「遅漏の原因はオナニーにある?」

    すぐに考えられるのはオナニーです。今はアダルト店でオナホールやアダルトビデオが売られてます。ましてやパソコンからエロ動画、スマホからインターネット接続できます。

    どこにいても動画を見たりするのは、結果的にオナニーで気持ち良くなりたいと思うのは遅漏の原因になります。

    人により、どこでオナニーをするか変わってきますが、スマホからエッチ画像を見て、ジーパンの上から刺激を与えるなど。性行為では味わう事がないような気持ちよさを求め、セックス以上の快感を味わえば遅漏の原因になるのです。

    「女性との性行為が一番辛い」

    一般的に女性との性行為は、バイト先で知りあう、出会い系、風俗などのお店、これらがありますが自身は射精が遅いので「イク事ができるか不安で」その事を告げても女性は「大丈夫、気にしないで」などと、言ってくれますが、いざ、性行為が始まり中々射精できないと、女性に手や口でしてもらったり女性自身大変な目にあわせてしまいます。

    • 「遅漏の解決方法を知ろう」

      「遅漏の解決方法を知ろう」

      遅漏の解決方法はご存知の方も多いかもしれませんがオナニーをやりすぎない。エッチな動画や画像などをあまり見ない事です。

      エッチな動画を見る事によって性欲が抑えられず自慰行為をしてしまうので、なるべく動画や画像も見ないで、オナニーの回数を減らすといった事です。

      普段から刺激を与えず、自分での快感を得る事さえしなければ、女性にしてもらうときや挿入の時に射精までの気持ち良さを味わう事ができます。

Top