• 包茎は程度によるけどない方が余りの皮が良いよね!

    包茎

    とは平常の時に皮が覆われてる状態で普段は覆われてるけど勃起して
    皮がどこまで剝むけるかで包茎の種類が変わってきます。

    仮性包茎

    勃起すれば全部露出する事ができる。(通常では皮が覆いかぶさった状態)

    カントン包茎

    勃起しても全部露出できず、亀頭部分でとまるタイプ(包皮輪が狭いので亀頭下に締めつけられる)

    真性包茎

    勃起しても露出できない。皮で覆われてる状態です。(包皮輪が狭いので常に覆いかぶさった状態)

    「包茎の原因について」

    私自身、幼い時からチンコが小さかったのです。
    成長期に入るまではペニスも小さいのですが、小学校、中学校でも小さいままで
    主に小さい原因として、オナニーのしすぎとも言われています。

    自身でも毎日のようにオナニーはしていて
    ペニスに対してのホルモンが性欲に向かうので
    結果的にペニスの成長がとまってしまう。

    もちろんオナニーのしすぎだけでなく 体質や遺伝の問題でもありますが
    体質であれば普段運動や筋トレはしていなく 男性ホルモンもない状態で
    ペニスが小さくなるというのも原因でもあるのです。

    「女性に見せるときはとってもはずかしい」

    勃起してる状態であれば、少しはむけているなら大丈夫ですが
    まだ、むけていない状態、皮が覆いかぶさっていれば女性に「子供みたい」と思われ とっても恥ずかしい思いをします。

    また勃起時でむけている、あるいはむけかけている(場合によってはむけてない)状態ですが
    SEXの時、常に勃起しているのは難しいので、すぐに通常時、皮がむけていない状態に戻ります。

    • 「今すぐの対策を知ろう」

      「今すぐの対策を知ろう」

      卵や大豆を、ナッツなど男性ホルモンに良いとされるものを食べ、さらに筋肉などを鍛える。

      腹筋などもオススメで お腹周りの脂肪を落とせばペニスも長く見えます。

      後イスに座り続けるなど血の血行を悪くするのもペニスが小さくなっていく原因で 運動なども心がけるようにしましょう。

      また、仮性包茎であれば 通常時でも手でむけさせて、それをキープするのも大事ですが
      血行がよくなるお風呂につかるときにも、 手でむいてそれをキープさせるのも効果的です。

      これらを、その日だけで終わるより、 できるだけ毎日行うことでペニスも大きくなるので継続させる事が大切です。

Top