• 良く見たらちんちんにブツブツがあるけど大丈夫?!

    フォアダイスは亀頭の裏筋にできるブツブツです。

    いつもなかった場所に、いつのまにかできている。大きさも1ミリほどで、気づかないうちにです。 性病ではないので特に直す必要はなく、そのままでも大丈夫ですが、女性に変な目でみられる事があります。 また、すぐに増えるというワケではなく数ヶ月して、フォアダイスとして形を現します。

    フォアダイスの種類もあり、ペニスの裏筋、亀頭近くにできる場合、亀頭下にできる場合、ペニスの皮にできる場合、これらフォアダイスは女性から性病と思われてしまいます。

    「フォアダイスの原因について知ろう」

    主になりやすいといわれるのは包茎の人ですが、私自身、ペニスが小さく包茎で20代ぐらいの時にフォアダイスになりました。

    実際に亀頭裏に、できた時はびっくりしましたが最初は性病?と思いました。 だけど考えられる原因としては女性と一番最初SEX目的で会うとき包茎である、私はペニスを大きくしたいと思い自身でペニスに力を入れたりで ネットでSEXの勉強をしてたりで我慢汁もでていたのです。

    後、オナニーに時間をかけるとペニスが大きくなるとネットに書かれてたので、それらを試していたのが全部関係していました。

    包茎という事が大きいですが我慢汁(SEX目的のためにペニスに力を入れていた)のも原因だったのです。

    「知っておきたいのが性病との違い」

    亀頭裏にブツブツがあればそれだけで性病?と思われがちですが、ブツブツと言えば、尖圭コンジローマがありますがコチラの性病とは違います。

    フォアダイスは1つか2つ~(人により多さは変わりますが)、にきび後のようになっていて、尖圭コンジローマの場合ブツブツが横に広がってできたり、ひどくてせり上がったような形状になります。

    「SEXで女性は嫌がってしまう」

    モロに嫌がります。性病じゃない事を知っていれば別ですが「心の中で性病じゃん・・・」そう思われるのです。 フェラではなく手コキをされる事があり「フェラをして」そう頼んでも先だけ舐めるように手コキをされてしまいます。こういった事は結構辛いです。 話しても「そうなんだ」と心で言われ、わかってもらえない場合があります。

    • 「処法・解決方法について」

      「処法・解決方法について」

      私自身何度か試みましたが少し消えた?と思えても実際には残ってたり全然後が消えなかったりします。 なので、自分でやろうとするのはばい菌が入ったり、余計悪くしてしまう可能性があります。

      爪きりなどを消毒してからブツブツ部分を切り落としますが、当然のようにかなり痛い思いをするのと うまく切れなかった場合もありますので、できる事なら病院でのレーザー治療をオススメします。病院の場合、数万円かかります。

      もし数万円かけて直す、その後チンカスなどがたまり、また同じようにブツブツができてしまう恐れもあります。

    「直す前に包茎対策も大事」

    これはチンカスなどをためないようにです。包茎は程度によりますが、普段からむいておくことを意識する。絆創膏などで亀頭をだしておくという方法があります。また筋トレ、腹筋や食事でチンコを大きくし普段むけている状態をキープするのがいいでしょう。

Top